×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気になるキーワードを入力して下さい。


書店では購入できない情報商材


旅のサポート

スポンサードリンク

高額医療費の請求方法

高額医療保険を利用して実際に高額医療費を受け取ることができるのでしょうか。定められた手順と場所で申請しなければ、高額医療費を受け取ることはできません。高額な費用がかかることになってしまったら、請求手続きをとりましょう。その際には保険証はもちろんのこと、請求書類や診断書などいろいろな書類、印鑑などが必要になります。それから、不慮の事故に見舞われてしまった場合は事故証明書の写しと事故状況報告書が必要になってます。また、本人の代わりに家族が請求する場合には住民票の写しや、保険証の写しなどが必要となってきます。
請求してもすぐには支払われません。受け取るまでにはすこし時間がかかります。給付金が出るかどうか判断するには、請求書を加入している生命保険会社や社会保険事務所に提出します。その請求書が受理されたあとに審査があります。それなりの手続きを踏んで、高額医療費が支払われるということが必然になっているのです。面倒だからといって、せっかくの負担軽減をあきらめてしまわずに、しっかり準備して手続きしましょうね。
高額な医療費を必要とする病気にはどんなものがあるのかご紹介します。腎結石・乳ガン胃ガン・結腸ガン・肺ガン・急性心筋梗塞・肺炎・喘息・脳梗塞・脳出血・糖尿病・大腿骨骨折・胃潰瘍・急性腸炎・正常分娩・急性虫垂炎・胆石症・前立腺肥大症・白内障・子宮筋腫・狭心症。入院・通院日数が多く費用もかかるのが、特にガンや心臓病・脳の病気などといえます。負担は出来るだけ軽くしたいものです。

スポンサードリンク

高額医療費と確定申告

入院や手術などで高額に医療費がかかってしまったときに高額医療費の申請を行うことができる、高額医療保険制度を知っていますか。医療費控除を受けられるのは、生計を共にする家族も対象になり、年間を通じて支払った医療費に関して一定の額以上であれば受けられる仕組みです。医療保険控除は確定申告での手続きが必要となります。年末調整では手続きができませんので注意してください。確定申告書は税務署に提出します。また、申告の際には病院の領収書や薬局で処方してもらった際のレシートなどが必要になります。うっかり捨てないで取っておいてください。もちろん家族も同様に大切に保管しましょう。
医療費控除の計算は、健康保険や生命保険、介護保険などの高額医療保険の給付を差し引いて計算されます。支払った税金がすべて戻ってくることが医療費控除ではありません。申告をしてもその点をお間違えないようにしてください。いっぽう、収入としての申告の必要がないのが、入院や事故などで、社会保険や生命保険から支払われた給付金などです。また、もらった病院のレシートなどの余白に自宅から病院までのバスや電車賃などの料金を記入しておけば、これも医療費控除の対象になるのです。
医療費も高額なうえ、病院までの交通費も悩める出費ですから、記入しましょう。タクシーは緊急の場合にのみ使ったものに関しては対象となりますよ。レシートが無い場合は、家計簿にしっかり記入しておきましょう。証拠となりますよ。わからないことも、税務署の方が丁寧におしえてくれます。確定申告をきちんと行えば高額医療費でかかった費用も負担されるますので、少しでも家計の支出をおさえたいものですね。

医療保険について

普段なにげなく生活して生きている間にも、いろいろな病気をしたり、事故にあったりする危険が伴っています。入院や手術を余儀なくされ、高額の費用がかかってしまいます。そんな時に助けてくれるのが保険です。保険の仕組みはどのようになっているのでしょうか。毎月たくさんの人たちからお金を集めて、万が一の時に役立ててくれる仕組みです。ですので、入院や手術を余技なく行わなければならないときに給付金として支払うという仕組みです。
医療保険でいえば、各保険会社が契約者から毎月保険料を集めて支払うことです。医療保険は私たちの生活を支え、負担を軽くしてくれる、大変重要なものなのです。高額な費用には家族にも負担がかかってしまいます。保険には医療保険を含めて、どんな種類のものがあるのでしょうか。医療保険、介護保険、年金保険、労働保険とは公的な保険としてあります。それから死亡保障、医療保障、介護保障、老後生活保障などは各個人が選別し契約を結ぶ私的な保険になっています。
保険料の値段は保証される項目や保障期間が長くなればなるほど、高くなります。もちろん年齢や性別、各保険会社によっても異なります。毎月の保険料が生活の負担にかかってしまえば、続けることはできませんよね。確かに高額な医療費がかかった場合保障が高ければ高いほど負担は少なくなりますが。私たちの生活をささえてくれる大事な保険ですので、契約時には保険料と保障ををよく検討して決めましょう。医療保険制度は万が一の高額な医療費を支払うときに助けになってくれるものです。

Copyright © 2008 高額医療費でもあわてない賢い確定申告